アンビエントシアターシステム フォルテコ

おいしいインテリアを耳いっぱいに食べたい!だって音もインテリアのひとつだよね

■プロローグ
何で人間っておいしいものを食べたがるんだろう? 生きていくためのエネルギー源だけど、だからといって我々は食べ物を機械的に口から 摂取しているわけじゃないよね。
  じゃあ、耳は情報を得るためのものであって、誰かとコミュニケーションをとるための身体的機能であり感覚器官だよね。


でもちょっと待って自分の心と対話するための大切なツールでもあるんだ、 「心の耳」っていう・・・
そしておいしい音を聴いて満足するためのものでもあるんだよね。
生まれて初めてステレオ再生を耳にしたときの感動・・
初めてウォークマンのイヤホンを耳に差し込んだあの感動を今も覚えている。
そんな驚きと感動を再現したくてこのインテリアは生まれたんだ。


「インテリア」って言葉には「内面的な」っていう意味合いがある。
例えば新築の際、インテリアにこだわる人はたくさんいると思う。カーテン、照明、床、天井、家具・・みんな自分の趣味嗜好に合わせて好きな色や気持ちいいものに囲まれて心地よいと感じる空間でその時間を過ごしたいんだ。 で、音は?

「音」だってインテリアだって思うんだ。
しかも自分の内面、内に秘めた自分自身と向き合うことのできる心地よいインテリアだと考えているんだよね。
それも生涯一緒にいることのできる・・・

時代を問わない不変性。
目に見えない音を演出する装置を「装置」として構えることなく、空間に音と同化した オーディオという名の生涯一緒にいることのできるインテリアとして捉えている。

オーディオという装置の枠を超え音も空間の一部として捉え、そこから得られる心の豊かさを提供し続けたい。

今日、目にする音響機器や薄型TVの飛躍的進化はデジタル化によってより一層加速 されたことは決して否めないし、ましてこれを否定するものでもない。

ただ、データやスペックからみる特性だけではその良し悪しを定義しきれないのがオーディオの世界であり我々はそれを列挙することで性能や音質を判断してもらおうとは考えていない。むしろ永遠のテーマである。
何しろ聴き手である価値基準のそれぞれ異なる人間みな全て、耳の形さえもが違うのだから・・
■エピローグ
時代の不変性・・・人間の耳は二つである以上、ステレオ(2ch)再生は半永久的なものなんだ。まさにオーディオの原点なのだ。
 センタースピーカーほどの限られたスペースで、聴き手を疲れさせることなく包み込むような自然な音場を提供するためにも全ては原点に答えがあると感じている。


□製作者紹介 いつも最大限の自分でありたい・・・
“音”は僕に気づかせてくれる。はるか昔に置いてきてしまった、本当に好きなありのままの自分を。
私自身これまで“音”に助けられてきました。時には自分を見失いそうになったことも。
そんな時にふと聴こえてくる音色が心を癒してくれる。心の底にある本来の自分を取り戻す。
聴覚は視覚と同様に最初に入ってくる情報であり、音とは、その美しさを見、触感を楽しみ、芳醇さを味わい、ドキッとするような香を嗅ぐのと同じように感性を研ぎ澄ますための貴重なアイテムであり、また目に見えないからこそ空間全体を全身で味わえるものだと感じます。

今私が取り組む仕事は、とても価値ある仕事だと感じています。
もともとものづくりに携わってきた人間であるせいか、新しく価値のあるモノを産み出すことに意義を感じ、また逆を言えば造り手の魂のこもっていない物は売ってはいけない、人に薦められない、とも思っています。
そこに心を見出してもらえたから、今多くの方々に支えられてここまでやってこられたと・・・。
今後とも真の価値あるもの(見えるもの、見えないもの←まさに見えないものを見えるようにする力が求められている現在)を生み出して続けていきたいと考えています。

この思いに共感していただけたら幸いです。

フォルテコ代表 小倉 崇史

▲このページのトップへ
 
 
 

  FORTECOに関する詳しい情報をお知りになりたい方は下のフォームからお名前とメールアドレスをお送りください。  
  メールフォーム  

    BuyNow!

以下のサイトからお申し込み・購入可能になります。
 
  商品を購入する  

  商品をご購入済みでカスタマー登録をまだしていない方はこちらのフォームからご登録下さい。  
  カスタマー登録  
取材依頼受け付けております。メールフォームよりご連絡下さい。
ホームシアター
フロントサラウンド
初心者
スピーカー
照明
アンビエント
設置
簡単
ハイファイ
ハワイアンコア
サイトマップ